『ドラゴン桜』は人間生を図る機会をくれた受験生にとっての聖典の1つ

私の人いのちに大きな結末を与えたマンガは『ドラゴン桜』だ。「メチャメチャとブスこそ、東大へ行け」というせりふが注目を浴び、ドラマ化変わるほど人思いを博したマンガなので、誰もが一度は耳にしたことがあると思います。あたしがこういうマンガと出会ったのはちょうど中生徒の瞬間でしたが、大人たちが注目していた「東大にどのように混ざるか」よりも中心人一般や中心人一般を取りまく医師の言葉の一つ一つに胸を打たれたことを覚えています。たとえば「人間ははっきりゴールが見えれば配置をし、征服へと着実にすすむ。逆にマークを持たなければ漂流し、やがて無気力になって出向くんだ」「知らねえってことがすげえおっかないって思うようになった」「「学ぶ」ということは「受け入れる」ということです」などのせりふは、中生徒だった自分にも強烈なリアリティーとともに迫ってきました。『ドラゴン桜』を読んで以降、自分にはそんなもののセンス方ができるようになるだろうか、あるいは自分は受験の後の人いのちをどのように生きていこうかということを真剣に策するようになりました。こうした意味で、『ドラゴン桜』は受験を題材にしながら、人いのちをどのように生きていくかを練る内をくれた唯一のマンガだったと思います。これほど私の人いのちに結末を与えたマンガはこういう力作だけでした。一番、私の人生のターニングポイントとなったマンガなのです。